ISHIDA KAZUYASU Official

越境3.0=フラット化する世界

多様性と行動力の時代が到来。今こそ世界に羽ばたこう!「グローバル・多様性・行動力・世界情勢」の講演・研修も大好評。

​ほぼ毎日更新のブログは、メディアに出てこない世界の話題を中心に、僕が実際に見聞経験した一次情報をお届けしています。

石田写真.jpg
 
 
  • kazuyasu ishida

本物のグローバル教育と越境3.0

更新日:2019年3月12日



教育関係者、人材育成担当者の皆様、おはようございます。


ニッポン放送の黒木瞳さん対談5日目、最終日!

本日の対談は「越境3.0」についてのお話でした。


黒木瞳さんとの対談、夢のような時間が今日で終わりかと思うと、

もう残念で仕方ありません。とても素敵な方でした。しくしくしく(涙)

今朝黒木瞳さんと話した内容を以下にまとめてみます。



越境1.0 - 1990年代


インターネットは時代とともに進化し、

それはいろいろな形で網の目のように国境を越えてきました。


少し前、企業(B)は外国企業(B)にインターネットでアプローチし、

B to Bで国境を越えたこと、僕はこれを「越境1.0の時代」と定義しています。


1990年代、企業はホームページを続々と立ち上げ、

商品カタログや問い合わせフォームなどを作り始めたけど、

個人がインターネットにつなぐにはまだまだ従量制が主流で、

つないだ時間だけお金がかかる時代でした。


僕らはその時代、確か1990年代半ば頃、

NTTのテレホーダイというネット接続サービスが登場して、

深夜23時から翌朝8時までの間だけは、

どんなにつないでも定額になるというのがあって、

「深夜のネット族」なんて呼ばれていましたね。

この頃僕は毎日寝不足でしたよ(笑)


越境2.0 - 2000年代


2000年に入るとISDN、ADSL、その後光ケーブルなどが普及して、

インターネット常時接続時代に入ります。

そのおかげで個人間インターネット