ISHIDA KAZUYASU Official

越境3.0=フラット化する世界

多様性と行動力の時代が到来。今こそ世界に羽ばたこう!「グローバル・多様性・行動力・世界情勢」の講演・研修も大好評。

​ほぼ毎日更新のブログは、メディアに出てこない世界の話題を中心に、僕が実際に見聞経験した一次情報をお届けしています。

石田写真.jpg
 
 
  • kazuyasu ishida

世界一著者の多い国は、世界で最も幸せな国

更新日:2019年2月13日



教育関係者、人材育成担当者の皆様、おはようございます。


国連が毎年発表している「世界幸福度ランキング」というのがあります。

少し古いデータですがこちらがグラフつきで見やすいですね。


国連が調査発表するこのランキングは、


「所得」

「健康と寿命」

「社会支援」

「自由」

「信頼」

「寛容さ」


の要素を基準にランク付けされたもので、昨年日本は54位で、

残念ながら日本は先進国中最下位の座をキープしています。


みなさんは上記6項目、満たされていると思いますか?




「自由と責任」「束縛と依存」


ランキング上位は軒並み北欧の国々です。

中でも長年その上位の座にいる、北大西洋の人口30万人の小国アイスランド。

上記の6項目、確かに全て豊かな人たちだなっていつも思います。


小国アイスランドが、幸福度指数か高いその理由のひとつには、

「仕事に拘束されず、家庭や自分の生活に打ち込める」というのがあります。


拘束されないということはその反面で、 ひとつひとつに責任を持つということです。

もともと東からやってきたバイキングの移民たちによって、

草木も生えてない溶岩台地のところから開拓されたアイスランドは、