ISHIDA KAZUYASU Official

越境3.0=フラット化する世界

多様性と行動力の時代が到来。今こそ世界に羽ばたこう!「グローバル・多様性・行動力・世界情勢」の講演・研修も大好評。

​ほぼ毎日更新のブログは、メディアに出てこない世界の話題を中心に、僕が実際に見聞経験した一次情報をお届けしています。

 
 
  • kazuyasu ishida

第二のドバイはエジプトの新首都ニューカイロ

最終更新: 2019年1月29日



教育関係者、人材育成担当者のみなさま、こんにちは。


昨日、エジプトの新首都となる予定のニューカイロへ行きました。

ニューカイロとはあくまでも仮称。正式名称は変わるかもとのこと。


現在のカイロは超過密都市、拡大し続けるメガシティです。

人口2,000万人、出生率は4.5人、まさにきれいな形の人口ピラミッド。

若年人口が多いため、小学校を毎日一つ作らないと間に合わないとか。



カイロが拡大し続けるのには理由があります


カイロは歴史的に自然災害や戦争に巻き込まれた経験が無いため、

これまで大きな人口減少という機会がほとんど無かったのです。

また一世帯あたりの出生は平均4.5人。一向に減少の気配はありません。


カイロは政府や企業、教育機関、商業施設、その他インフラなどなど、

すべての機能がここに集中していて便利だから、また人が集まります。


東京なんぞ比較にならない!(笑)

それは慢性的な交通渋滞や住宅不足など多くの社会問題も引き起こします。

この社会問題を一気に解決すべく、新首都の開発が始まりました。

旧カイロの人の流れ、車の流れ、モノの流れ、全てを変えるために。




ニューカイロは20年前のドバイ


ニューカイロは現在のカイロ中心部から東に約45キロの距離にあります。

政府機関はすべてここに移転し、車や人の流れを根本的に変えてしまい、

慢性的な大渋滞で車が動かない旧カイロ市内を迂回させる大作戦です。


言ってみれば新東名高速みたいなもんでしょうか(笑)

でもそんなちっさな規模ではありません。


開発面積は山手線8個分。何も無い広大な砂漠に開発中の新首都。

山手線8個分という規模ですから、そりゃもうとにかくでかいです!

現在半分くらい完成し、政府も住民も順次こちらに移転中という段階。

  

その景色は20年前のドバイにそっくり!

あれよあれよという間に一気に国際都市の仲間入りを遂げてしまった、

アラブ首長国連邦のドバイは、ドバイ〜アブダビを真っ直ぐ繋ぐ幹線道路、

シェイクザイードロードの拡張と分岐と、道路沿いの開発から始まりました。



フラットな砂漠の開発は早い


カイロ郊外も当時のドバイ同様に、もともと何もない砂漠なので、

日本のように何かをよけて作る必要がまったくありません(笑)

山も川も無い、どこまでもフラットな砂漠が延々と続くのです。


だから元々人も住んでない。山を削る必要も橋を渡す必要もない。

片側6車線の道をどこまでも真っ直ぐ真っ平らにズドンと何本もブチ抜き、

だからとにかく開発スピードが早い。あっという間。

  

片側6車線の広い道路沿いには、どでかい看板がいくつも立ち並び、

そこには水が引かれて緑が植えられて、建物ががんがん建てられて、

もう街全体が工事現場といった感じですね。


ほんと20年前のドバイのシェイクザイードロードみたいな。



教育と医療の充実が国際都市になる


アメリカやイギリスやカナダなど、欧米の大学や研究機関、

そして外資系の病院やホテルなどもたくさん作られており、

ここは将来的にもっと教育や医療の充実した大都市となります。


そのような先進的な環境から外国人や中間層・富裕層の人気を集めて、

もうかなりの人たちがここニューカイロに引っ越して来ました。

ここは将来、500万人が住む国際都市になるそうです。


米CNNでは「世界最大級の巨大都市ができる」と報道

カイロは標高250-300メートルの都市です。

地震、火山、山、台風が無い、雨も降らないので水害も無い。

人口500万人が居住する安心安全なエジプトの新首都として、

いまエジプト国内のみならず欧州やアラブ圏から注目されています。



さらに、老朽化したカイロ空港に替わる新カイロ国際空港の建設と、

アフリカ大陸初となる地下鉄も建設中。


先日、ニューカイロに世界一のモスクと教会も完成しました。

旧カイロ郊外の高級住宅街「オクトーバーシティ」よりも、

すでに多くの家が居住しているとのこと。


新首都の総事業費は1兆ドル(113兆円)

日本の国家予算以上の金額!(笑)

そして日本の税収(売上)の約3年分ですよ(笑)


その開発資金はエジプトをはじめアラブ圏全域と欧州から入り、

世界一の高層ビル、ブルジュカリファを作った中東最大のデベロッパー、

ドバイのエマールプロパティーズももちろんここの開発に加わり、

エジプトの未来をつくるニューカイロの開発を行なっています。


日本のみなさん、一度行ってみるといいです。

もう、すごいですよ、この勢いといまのエジプト。



大事なお知らせ

個人が外国政府や企業にアプローチをする越境3.0コミュニティ 様々なプロジェクト企画と情報共有を行っています。メンバー募集中。

今年5月21日〜27日、越境3.0主催アイスランド視察ツアーを行います。 僕と一緒に行かれる方は、ぜひ予定空けておいてくださいね。 越境会のホームページからも詳細発表いたします。

309回の閲覧
 

お問い合わせ

講演・研修・取材・相談・コンサルティング・企画など
こちらのフォームからご連絡ください。

送信が完了しました。

 

©2019 by 石田和靖 Official. Proudly created with Wix.com