ISHIDA KAZUYASU Official

越境3.0=フラット化する世界

多様性と行動力の時代が到来。今こそ世界に羽ばたこう!「グローバル・多様性・行動力・世界情勢」の講演・研修も大好評。

​ほぼ毎日更新のブログは、メディアに出てこない世界の話題を中心に、僕が実際に見聞経験した一次情報をお届けしています。

石田写真.jpg
 
 
  • kazuyasu ishida

エジプト産業開発大臣との面談(ビジョン2030)

更新日:2019年1月23日



教育関係者、人材育成担当者のみなさま、こんにちは。


本日は産業開発庁(IDA:Industrial and Development Authority)で

エジプトの産業開発大臣と補佐官を囲んで意見交換会を行いました。

「国の経済プロジェクトは全てここから始まる!」という心臓部。


いまのエジプトは、2030年の国家ビジョンを目指して、

国内外の企業に向けて実に様々な優遇政策を打ち出しています。


・会社設立当初は五年間完全無税

・100%外国資本OK(シナイ半島以外)

・多くの国々とのフリートレードなどなど


特にアスワン、ルクソール、スエズの三都市に関しては

経済開発に力を入れており、土地は政府が無償提供だとか。


この三都市はアツイです!

アラブの春以降、日本ではなかなかその実態は報道されていないので、

日本人にはこれらの優遇策はほとんど知られていないと思います。

ほかにも色々新しく制度化され、その一覧のCD-ROMを頂きました。


「何かやりたいことあれば全て言ってください。協力します」 と、大臣の力強いお言葉頂戴しました。まさに越境3.0!




自由貿易の国として


エジプトはアラブの春が起こり、経済が低迷していました。

私もアラブの春直後の2013年1月にエジプトを訪れています。

当時のカイロ市内様子は上の写真です。


燃やされたビルなどがあちこちにそのまま残っていました。

このときのカイロは治安も決して良好とはいえず、

火炎瓶やデモ運動など、あちこちで大騒ぎしていました。