ISHIDA KAZUYASU Official

越境3.0=フラット化する世界

多様性と行動力の時代が到来。今こそ世界に羽ばたこう!「グローバル・多様性・行動力・世界情勢」の講演・研修も大好評。

​ほぼ毎日更新のブログは、メディアに出てこない世界の話題を中心に、僕が実際に見聞経験した一次情報をお届けしています。

石田写真.jpg
 
 
  • kazuyasu ishida

海外経験から育まれる子どもたちの行動力と先見性

更新日:2019年3月19日



教育関係者、人材育成担当者のみなさま、こんにちは。


エジプトから帰国して、あの国のエネルギーや若者たちの力に驚き、

多様性や行動力を目の当たりにし、改めて日本に危機感を感じています。


いま、グローバル化 + 少子高齢化+ AI(人工知能)が加速する中で、

未来を担う子どもたちの教育を、みなさんどのようにお考えですか?

みっちり夏期講習でお受験対策もいいのですが、


高学歴で低所得のサラリーマンや失業者が急増!

高学歴なのに学歴難民で貧乏化ワーキングプア化する若者たち

(ニュースおまとめサイトより)


という、悲しいかな今の日本はこんな時代。生きる力が一層必要です。

「偏差値よりも経験値が問われる時代」へと変化しています。


学問はとても大切です。そしてとても面白いです。

人類は学びの中から様々な進化を遂げてきましたから。


でも「学問」と「受験勉強」は違う


いまの日本に必要な力=行動力


学問は世界で通用しますが、受験勉強は世界で通用しません。

学んだものの多くが、自分の意志による行動を伴わないからです。


幕末の混乱期、高杉晋作や伊藤博文などの偉人を多く輩出した、

松下村塾を立ち上げた吉田松陰先生は言いました。


「行動第一であれ」