ISHIDA KAZUYASU Official

越境3.0=フラット化する世界

多様性と行動力の時代が到来。今こそ世界に羽ばたこう!「グローバル・多様性・行動力・世界情勢」の講演・研修も大好評。

​ほぼ毎日更新のブログは、メディアに出てこない世界の話題を中心に、僕が実際に見聞経験した一次情報をお届けしています。

 
 
  • kazuyasu ishida

自作紙芝居がもたらす絶大な教育効果(父親と紙芝居)

最終更新: 2019年3月12日




教育関係者、人材育成担当者のみなさま、こんにちは。


※以下ページから、本記事で紹介している紙芝居をプレゼント!

Facebookイベントページから特典予約にエントリー

石田和靖公式サイトから特典予約にエントリー


僕は息子が幼稚園児の頃、週末よく紙芝居を作りました。

紙芝居はお手軽ですし、教育にもとてもいいです。


ほとんどの幼稚園で紙芝居を教材に取り入れていますよね。

情操教育の一環ですが、子供たちを楽しませるためだけでなく、

集中力を養ったり、人の話をきちんと聴くことの練習なのです。


紙芝居にはこんな効果があります。


1. 人の話を聴く集中力がつく 2. 教訓や学ぶことがある 3. 創造力を豊かにする

そういった紙芝居を、父親が作るということは、

これらに加えてさらなる大きなメリットがあります。


紙芝居を作るときは、子どもと一緒に作りましょう。

もしくは、作るところを見せてあげるといいですね。


絵を描く時には、

「ここは何色がいいかな?」

「この人に帽子かぶせる?」

「ここにお日さまの絵を描いてよ」


とか、色々子どもの意見も聞きながら仕上げていきます。

子どもに色も塗らせます。太陽や月なども描かせます。

すると、一緒に作りあげたという共同作業の意識が芽生えます。



また父親が紙芝居を作るということは、


父親の世界観を見せることです

その世界観の中にさらに「教訓」を入れていくのです。


そしてさらに、お話の主人公を自分の子どもにすること

これはもう自分事になりますから子どもは大興奮です(笑)


そして、絵は下手くそでも全然構わないです。

むしろ下手くそなほうが愛着が湧いていいと思います(笑)


大切なのは3点。


・子どもと一緒に作ること ・子どもを主人公にすること ・父親の世界観と教訓を入れること


世界のクリスマスプレゼント


僕の作った紙芝居の中に、

「世界のクリスマスプレゼント」というお話があります。


・子どもに世界を知ってほしい ・家族の愛情や団結力を強めたい ・行動することの面白さを知ってほしい

という思いで作りました。


「世界のクリスマスプレゼント」どんなお話かと言うと・・・



"クリスマスの前に欲張りな主人公の男の子は、

「クリスマスプレゼント、あれもこれも、たくさん欲しい!」

と言い出します。


「世界にはたくさんのクリスマスプレゼントがあるよ」

と言われ、男の子はクリスマスプレゼントを探す旅にでかけます。


アイスランド、イタリア、ケニア・・・などなど、

それぞれの国で色んな人に色んなお話を聞きます。

そして、オーロラを見たり、ピザを作ったり、シマウマと遊んだり、

男の子にとって、すべてが初めてで刺激的な経験でした。


男の子は色んな国に行き、世界のたくさんの人に優しくされ、

たくさんのプレゼントをもらって、クリスマスイブに帰ってきます。


男の子はクリスマスイブの夜、パパとママにたくさんのお話をします。

それは世界に一つだけの話、笑顔の絶えないとても楽しい夜です。


今回の旅は、「ありがとう」ってたくさんの人に言いました。

そして男の子は、「世界にたくさんの友達を作ろう!」と、

そんなことを誓うクリスマスイブとなりました。


めでたしめでたし。"


もっと細かい描写など、笑えるところも盛りだくさんですが(笑)

ざっくりとまとめるとこんなお話です。




これはイラスト10枚、時間にして10分程度のお話です。

少し長いので、6-7枚、6-7分程度のお話でも十分だと思います。


教訓は、

・世界には色んな面白いものがあるよ ・世界にたくさんの友達を作ろう ・ありがとうの数だけ幸せがあるよ ・君は世界に一つだけだよ

そんな内容のお話となっています。



これは実は近所のママさんたちにも話題になりまして、

近所のほかの幼稚園や小学校の子どもたちや、

越境3.0が主催した夏休み子ども向けワークショップ、

「親子で旅する世界地図」のイベントでも

読み聞かせたことがありますが、かなり大好評でした。


中には、「この話、泣ける!」なんていう親御さんも(笑)

手前味噌ですが、とても素晴らしいお話だと思います。



厚手の画用紙にイラスト6-7枚です。週末1日で作れます。

ストーリーは事前に頭の中で思い描いておく必要があります。


お話を作るのはお父さんです。お父さんの経験値です。

日本全国のお父さん、ぜひ紙芝居作ってみてください。

これも多様性教育の一環となります。かなり強力です。


ものづくり、インターネット、レストラン、スポーツ、音楽、旅行etc

テーマはなんでもアリです。お父さんが語れる内容がベターです。



大事なお知らせ

個人が外国政府や企業にアプローチをする越境3.0コミュニティ

様々なプロジェクト企画と情報共有を行っています。メンバー募集中。

今年5月21日〜27日、越境3.0主催アイスランド視察ツアーを行います。

僕と一緒に行かれる方は、ぜひ予定空けておいてくださいね。

越境会のホームページからも詳細発表いたします。


twitter本格的に再開しました。フォローお願いします!

世界の話題をたくさん発信している、石田のfacebookはこちら!


講演会等のご依頼はページ最下段のフォームからお願いします。


118回の閲覧
 

お問い合わせ

講演・研修・取材・相談・コンサルティング・企画など
こちらのフォームからご連絡ください。

送信が完了しました。

 

©2019 by 石田和靖 Official. Proudly created with Wix.com