ISHIDA KAZUYASU Official

越境3.0=フラット化する世界

多様性と行動力の時代が到来。今こそ世界に羽ばたこう!「グローバル・多様性・行動力・世界情勢」の講演・研修も大好評。

​ほぼ毎日更新のブログは、メディアに出てこない世界の話題を中心に、僕が実際に見聞経験した一次情報をお届けしています。

石田写真.jpg
 
 
  • kazuyasu ishida

世界最大級アイスランドの地熱発電所、24時間常駐はたったの2人!



教育関係者、人材育成担当者のみなさま、こんにちは。


アイスランドは日本にとって、とても学びの多い国です。

ひとつひとつの深い意味を、多くの日本人に知ってほしい。

そこには色んなテーマがありますが、今日はエネルギーのお話。


なぜ日本はアイスランドと同じようなことができないのか?

初めてアイスランドを訪れた10年前からそう思っています。


アイスランドは世界でも先駆けて地球環境への配慮を行い、

世界で最も再生可能エネルギーの普及が進んだ国です。


それは日本と同じオイルショックを経験したから

現在、地熱3割:水力7割で電力をおこし、さらに暖房の9割を、

電気ではなく地熱開発で得られた熱水を活用しています。


温水プールも地熱開発で得られた熱水を活用しており、

街中には温水プールやスポーツ施設、スパがたくさん存在します。

なんと温水プールの道路標識もあります(笑)



「近くにプールがあるから、車は子どもたちに気をつけろ!」

ということでしょうか(笑)



アイスランドの地熱計画


アイスランドでは、アイスランド環境省と商工省が共同で

「地熱及び水力発電所のマスタープラン」を作成しています。


アイスランドは、国土面積の約20%が国立保護地域であり、

欧州では最も広い国立公園が存在しているからです。


世界的なエコブームの中、観光客は毎年5%以上増えており、

現在は年間、国民の約10倍もの観光客が押し寄せています。


<