ISHIDA KAZUYASU Official

越境3.0=フラット化する世界

多様性と行動力の時代が到来。今こそ世界に羽ばたこう!「グローバル・多様性・行動力・世界情勢」の講演・研修も大好評。

​ほぼ毎日更新のブログは、メディアに出てこない世界の話題を中心に、僕が実際に見聞経験した一次情報をお届けしています。

石田写真.jpg
 
 
  • kazuyasu ishida

黒木瞳さん対談「海外の人と繋がる『越境3.0』がもたらす可能性」

更新日:2019年3月12日



教育関係者、人材育成担当者のみなさま、こんにちは。


@Niftyニュースで、黒木瞳さんとの対談が掲載されました!

「海外の人と繋がる「越境3.0」がもたらす可能性」


越境3.0とは、C to G(Citizen to Government)で国境を越えること。

越境1.0、2.0に続き、3.0はスマホとSNSがもたらした革命です。


これからは大企業や学歴などの看板はさほど重要性が無くなります。

むしろパーソナリティが重んじられる世の中になっていきます。

世界では「お前は誰なんだ?」ということが求められています。


強い思いと個性があれば、誰でも世界と繋がることができる時代です。

詳しくは以下の記事をどうぞ。

参考記事「本物のグローバル教育と越境3.0」



行動するのに必要なもの


越境3.0コミュニティでは、日々世界目線で情報共有を行っています。

そして、海外政府や企業などから送られてくるメッセージをもとに、

各々が主体性を持ち、様々なプロジェクトを企画して仕掛けています。


海外で何か面白い行動を仕掛けていくのに必要な要素。

それはもちろん、アイデアやグローバル感覚は必要なのですが、

それ以前にとても重要なものがあります。


一次情報です

日本のテレビや新聞、ネットなどに載ってくる情報ではなく、

「どこにもまだ載っていない、日本人の知らない世界の情報」


これがとても重要です。それを共有しているのが越境3.0です。

中国人は動くとよく言いますが、一次情報の質と量が半端ないのです。

海外で活躍する中国人は、我々の知らない情報をたくさん持っています。