ISHIDA KAZUYASU Official

越境3.0=フラット化する世界

多様性と行動力の時代が到来。今こそ世界に羽ばたこう!「グローバル・多様性・行動力・世界情勢」の講演・研修も大好評。

​ほぼ毎日更新のブログは、メディアに出てこない世界の話題を中心に、僕が実際に見聞経験した一次情報をお届けしています。

石田写真.jpg
 
 
  • kazuyasu ishida

中国企業がアフリカにどんどん進出できるわけ

更新日:2019年3月12日



教育関係者、人材育成担当者のみなさま、こんにちは。


先日、越境ブラザーズ GDA LIVE!

「日本人が知るべき海外市場の切り拓き方」を配信しました。


海外、特にアジア・中東・アフリカなどの新興国へ行ってみると、

そこにはだいたいどこでも、中国人や韓国人が大勢いて、

先手を打って、結構面白いビジネスを進めています。


僕はどこへ行っても、まず彼らの情報ネットワークや先見性にも、

日本人がまったくいないことにも、いつも驚かされています。


彼ら中国人が、それぞれの国で持っている情報や人脈は、


一次情報と強力なコネ

なぜ中国人はこれほどまでに最先端の情報を持っているのでしょう?


政府が多くのメガ案件を取りに行き、石油会社やインフラ開発が進出し、

それを追うようにして、中華レストランやホテルなどの衣食住企業が行き、

またそれを追うようにして様々な業種・中小企業が追いかけます。



中国政府がまず切り拓き、企業はその後を追うようにして行きます。

上の動画のお話に出てくる、中国人起業家の李くんもそうです(上記写真)


"たくさんの中国企業が、いまアフリカのベナンに進出している。

でもベナンにはまだサングラスを売っている中国人がいない。

情報は色々と掴んでいて、でも誰もやっていないから僕がやる。"


"タイでデザインし、中国で作り、ドバイの会社を経由して、

アフリカのベナンでデザインサングラスを売りまくる。"


アジスアベバの空港で一緒にビールを飲んだ中国人起業家の李くんは、