ISHIDA KAZUYASU Official

越境3.0=フラット化する世界

多様性と行動力の時代が到来。今こそ世界に羽ばたこう!「グローバル・多様性・行動力・世界情勢」の講演・研修も大好評。

​ほぼ毎日更新のブログは、メディアに出てこない世界の話題を中心に、僕が実際に見聞経験した一次情報をお届けしています。

 
 
  • kazuyasu ishida

地球の割れ目から地方都市再生の最大のヒントが見える

最終更新: 2019年3月12日



教育関係者、人材育成担当者のみなさま、こんにちは。


何回かに渡りアイスランドの予備知識をお届けしています。

アイスランドに関心いただけたら、ぜひ以下ツアーにご参加ください。

ここは人生で必ず一度は訪れるべき国です。間違いない。


第4回 石田和靖&谷口洋和と行くアイスランド視察ツアー

Go mission Iceland! 2019年5月21日(火)~5月26日(日) 6日間


アイスランドは進化しています


それはもちろん、国として新たなチャレンジの絶えない国ですが

「地球として進化している」という、実にスケールの大きい(笑)


オーロラ、間欠泉、地球の割れ目、氷河、滝、溶岩台地・・・

まるで宇宙のような景色に次から次へと出くわす国なのですが、

ここはユーラシアプレートと北米プレートが引き裂かれあって、

毎年4センチづつ大きくなっている「新大陸」なのです。


アイスランドは、地質的にはヨーロッパ圏で最も若い陸地であり、

実際に現在でも生き物のように成長・進化を続けています。


(図:アイスランド観光文化研究所より)



地球の割れ目は世界を作った場所


このふたつのプレートの裂け目を「北大西洋中央海嶺」と呼び、

アイスランド島の中央を、この北大西洋中央海嶺が貫いています。

プレートの裂け目が表に出ているのは世界でも唯一アイスランドだけ。


プレートの裂け目部分は、高い壁に囲まれて音の共鳴がいいので、

スピーカーが無かった時代に、ここに集まって議会が開かれました。

930年、ノルウェーからの移住者によって開かれた民主議会です。


これが世界最古の民主議会「アルシング」です

アルシングがモデルとなって、民主議会は欧州に広まっていきました。

アルシングとは「全島集会」「全国会議」を意味する言葉です。


これが由来となって、ここは「シンクヴェトリル」と名付けられ、

その後2004年に、ユネスコ世界文化遺産に登録されています。


"シンクヴェトリルはプレートの裂け目ですから生きています。

「生きている地球の躍動感」を感じられる唯一無二の場所。"



しかしアイスランドは絶景ばかりではありません


何度もお伝えしている通り、日本の地方都市や経営者、ビジネスマン、

若者たちにとって膨大なヒントが、次から次へと出てくる国です。

まさに逃げ場無しです。ここに来たら日本人は言い訳できません。


アイスランドは、人口たった30万人、とても小さな国ですが、

ありとあらゆる方面から包み込まれてしまう大きな国です。


再エネ、男女平等、読書量、平均寿命、平和指数、作家の数、

キャッシュレス化、遺伝子開発、オーロラベルト、失業率の低さ、

凶悪犯罪の少なさ・・・など、たくさんの世界一があります。


参考記事:

男女平等8年連続世界1位、進化するアイスランド女性の社会進出

世界最先端アイスランドの地熱エネルギーと電力価格

地球の割れ目から地方都市再生の最大のヒントが見える

銀行の経営陣を刑務所にぶち込んだアイスランド金融危機

なぜアイスランドへ行くと人生観がガラッと変わってしまうのか?

世界最大級アイスランドの地熱発電所、24時間常駐はたったの2人!

世界一著者の多い国は、世界で最も幸せな国



アイスランドには、ほかにもこんなネタが盛りだくさん。


・世界最古の民主議会(アルシング)が開催された場所

・米ソ首脳会談が開催され東西冷戦終結のきっかけを作った

・世界でも珍しい地球の割れ目が地表に剥き出しになっている国

・地球の地殻はアイスランドで引き裂かれ、半周回って日本で結合

・地球はアイスランドと日本で作られるということを知っている

・アイスランド人の第二外国語は英語の次に日本語が人気

・日本と同様、漁業大国、火山国、島国、資源の無い国

・アイスランドの漁業は儲かり過ぎて増税した

・アイスランドでは漁業=ハイテク産業、漁船は豪華クルーズ

・一人あたり電力は日本の7倍使っているが電気代はEUの4分の1

・だから世界から電力多消費産業がこの地に集まる

・地熱は電力だけでなく、暖房や熱水としてそのまま各家庭に供給

・お風呂の蛇口からは身体に良い熱い温泉がそのまま出る

・世界最大の露天風呂は入場料6,000円、でもいつも大行列

・高緯度にありながら東北や北海道よりも全然暖かい

・世界初の女性大統領ヴィグディス・フィンボガドゥティル大統領

・女性の社会進出を促したことで出生率が大幅に上昇し経済成長

・水道の水は氷河の融解水で世界一美味しい

・クリントン元大統領も愛したホットドッグは宇宙一美味しい


・・・とまぁ、ネタはまだまだ無数にありますが(笑)

何と言っても、まぁこの国の美しすぎる宇宙のような絶景の数々。




そしてなぜ、資源の無い人口たった30万人の小さな島国が、

これほど豊かで成長し続け、求心力の強い国になれるのか?


日本の地方創生を動かしている方は、ぜひこの国を見たほうがいい。

誰かがこの国を目の当たりにすれば、地方都市が大きく変わりますから。


ちなみにこんな言い訳は、一度アイスランドに行けば、

いとも簡単にすべて180度、ちゃぶ台ごとひっくり返されます。


田舎には仕事・大学が無いから うちの街は人口が少ないから うちの街はこれといった産業が無いから うちの街は交通手段が不便だから 国立公園に発電所作ると景観を壊すから 地熱のエネルギー利用は温泉が枯渇するから 農業や漁業は後継者がいないから

などなど。地方が抱えるお悩み、まだまだたくさんあるでしょう。

どうですか?ひとつでも思い当たりますか?



人生観をガラッと変えてみたい人は、アイスランド行きましょう!

必ずそこには、あなたの心を突き動かす大きな何かがあります。

詳細と参加申込は以下のリンクからお願いします。



大事なお知らせ

第4回 石田和靖&谷口洋和と行くアイスランド視察ツアー

Go mission Iceland! 2019年5月21日(火)~5月26日(日) 6日間

詳細決定しました!定員20名です。お早めに!

3月19日、待望の新刊発売!15日と16日に先行予約特典行います!

「読む・聴く・観る」と海外ネタ盛りだくさんの特典がもらえます。

ぜひこちらから先行予約特典にご参加ください!

個人が外国政府や企業にアプローチをする越境3.0コミュニティ

様々なプロジェクト企画と情報共有を行っています。メンバー募集中。


 

お問い合わせ

講演・研修・取材・相談・コンサルティング・企画など
こちらのフォームからご連絡ください。

送信が完了しました。

 

©2019 by 石田和靖 Official. Proudly created with Wix.com