ISHIDA KAZUYASU Official

越境3.0=フラット化する世界

多様性と行動力の時代が到来。今こそ世界に羽ばたこう!「グローバル・多様性・行動力・世界情勢」の講演・研修も大好評。

​ほぼ毎日更新のブログは、メディアに出てこない世界の話題を中心に、僕が実際に見聞経験した一次情報をお届けしています。

石田写真.jpg
 
 
  • kazuyasu ishida

世界最先端アイスランドの地熱エネルギーと電力価格

更新日:2019年3月12日



教育関係者、人材育成担当者のみなさま、こんにちは。


何回かに渡りアイスランドの予備知識をお届けしています。

アイスランドの知り合いとここ数年メールのやり取りを進める中で、

この国の凄さが明るみになることが非常に多いです。


アイスランドは国民一人当たりのGDPは世界上位に位置しますが、

1950年代まで貧困国の分類で、その頃の主なエネルギー源は、


国産泥炭と羊の乾燥糞

エネルギー確保には非常に苦労の絶えない国でした。


第二次世界大戦でデンマークがドイツに占領されたのを機に、

アメリカとイギリスがアイスランド本島に駐留します。


1944年6月17日にアイスランド共和国として完全独立を果たし、

国際連合に加盟したのは1946年11月のことで、

その当時、アイスランドはまだまだ貧しい国でした。


(アイスランドで羊を追いかける太陽光発電ムラの谷口代表・笑)



アイスランドは最エネ推進国家へ


その後、産業の育成、成長に伴いエネルギー消費が増えていく中で、

第1次オイルショック(1973年)と第2次オイルショック(1979年)、

アイスランドは2度の石油危機を経験します。


オイルショックのピークは1980年

原油の供給が逼迫し原油価格が高騰し、多くの生活物価が高騰。

それに伴う世界の経済混乱が起こりました。


アイスランドも日本と同様、海に囲まれた島国なので、