ISHIDA KAZUYASU Official

越境3.0=フラット化する世界

多様性と行動力の時代が到来。今こそ世界に羽ばたこう!「グローバル・多様性・行動力・世界情勢」の講演・研修も大好評。

​ほぼ毎日更新のブログは、メディアに出てこない世界の話題を中心に、僕が実際に見聞経験した一次情報をお届けしています。

 
 
  • kazuyasu ishida

スマートエネルギー部品と特殊合金に特化した街(中国揚中)

最終更新: 2019年3月12日



教育関係者、人材育成担当者のみなさま、こんにちは。


何回かに分けて、中国の低炭素都市プロジェクト「鎮江モデル」と

のお話を進めています。


参考記事:

「習近平総書記が世界に向けて発信した低炭素都市「鎮江モデル」」

「元トヨタ中国代表が作った日本の中小製造業を救う経済特区(中国丹陽)」


このモデルを軸に、江蘇省鎮江市は外国企業との連携を進めていますが、

7つある鎮江市管轄区のひとつである揚中市がまた面白い。


(揚中市の位置:wikipediaより)


揚中は揚子江の中洲にある島です。だから「揚中」と呼ばれています。

面積にすると東京23区の約半分くらいの面積、人口は約30万人。


中洲とはいえ、なかなか大きな島です

揚中の特徴はスマートエネルギー部品と特殊合金


その島の中心部には、風力・太陽光などのスマートエネルギーの部品や

電源供給装置、スマート家電部品などを作る会社が多くあります。


またそのような会社がここ揚中には集積していますので、

特殊合金などを作る新素材製造企業もここに進出しています。


(揚中市の都市開発)


スマートエネルギーの部品は金属の良質な部分を材料として用い、

その製造過程で不要となった金属が材料となり特殊合金が作られます。


そのため、要は材料調達コストがどこよりも安いということで、

特殊合金開発の日本企業もわずか1社だけですがここに進出しています。


東洋電化工業株式会社(鎮江東豊特殊合金有限公司)


そこで作られた特殊合金はもちろん車の部品の材料として用いられます。

そして揚中の南に位置する丹陽には自動車部品の製造特区があります。


参考記事

「元トヨタ中国代表が作った日本の中小製造業を救う経済特区(中国丹陽)」


この鎮江市という、埼玉県ほどの大きさのエリアの中だけで、

新素材分野の研究から活用まで、一通り回っているのです。


(揚子江の向こうに巨大なフグ公園とフグオブジェがあります笑)



またここ揚中はフグで有名です


毎年3月になると、揚中では結構盛大なフグ美食祭りが開催されます。

このお祭りは2004年から続いており、世界からも人が集まります。


フグ美食祭りは1〜2ヶ月間続きます。

「フグ文化を伝承と国際交流の推進」というテーマとして、

日本、韓国、シンガポール、マレーシア、マカオ、香港、台湾などから、

フグ料理の料理長が揚中に集まり、国際フグ料理対決などが開かれます。


揚中のフグ、前に唐揚げと煮物を食べましたが、美味しかったですよ!



今年も6月6日〜9日の4日間で、第4回目となる、


江蘇省鎮江市人民政府公式 越境3.0民間外交団開催決定!

鎮江市人民政府幹部や企業経営者たちと、色々な意見交換会や交流会、

そしてプロジェクトや事業提案などを政府に直接プレゼンします。


色んな種類の経済特区視察や企業視察なども行います。

関心がある方はぜひ日程空けておいてください。詳細後日発表します。



大事なお知らせ


第4回 石田和靖&谷口洋和と行くアイスランド視察ツアー

Go mission Iceland! 2019年5月21日(火)~5月26日(日) 6日間

詳細決定しました!定員20名です。お早めに!


3月19日、待望の新刊発売!15日と16日に先行予約特典行います!

「読む・聴く・観る」と海外ネタ盛りだくさんの特典がもらえます。

ぜひこちらから先行予約特典にご参加ください!


個人が外国政府や企業にアプローチをする越境3.0コミュニティ

様々なプロジェクト企画と情報共有を行っています。メンバー募集中。


twitter本格的に再開しました。フォローお願いします!

世界の話題をたくさん発信している、石田のfacebookはこちら!


講演会等のご依頼はページ最下段のフォームからお願いします。

45回の閲覧
 

お問い合わせ

講演・研修・取材・相談・コンサルティング・企画など
こちらのフォームからご連絡ください。

送信が完了しました。

 

©2019 by 石田和靖 Official. Proudly created with Wix.com