ISHIDA KAZUYASU Official

越境3.0=フラット化する世界

多様性と行動力の時代が到来。今こそ世界に羽ばたこう!「グローバル・多様性・行動力・世界情勢」の講演・研修も大好評。

​ほぼ毎日更新のブログは、メディアに出てこない世界の話題を中心に、僕が実際に見聞経験した一次情報をお届けしています。

石田写真.jpg
 
 
  • kazuyasu ishida

「中国でもっとも起業家育成に力を入れる都市」と交流をします!



教育関係者、人材育成担当者のみなさま、こんにちは。


習近平総書記が気候変動パリ会議で発表した「鎮江モデル」

中国国内に26都市ある低炭素都市プロジェクトの筆頭格です。


【2019年6月6日(木)~6月9日(日)4日間】

第4回 越境3.0鎮江市政府友好視察団&セレモニー (定員20名)

今年も江蘇省鎮江市人民政府との友好協力会議を開催します。

いよいよ詳細決定しました!定員20名です。お早めに!


中国は「大気汚染の解消」と「内陸都市の経済振興」を目的に、

こういった低炭素都市プロジェクトや新型都市開発を進めています。


中国は、これまで何もなかった農村部などを経済都市に変え、

ついこないだまで畑だったのが、今では高層ビル群が並ぶ並ぶ。

まるでシムシティのような、そんな都市がいくつもあります。



習近平が「世界の鎮江モデル」を掲げる鎮江市は、

他都市とはまた異なる立ち位置プロジェクトを進めています。

この街の目指す方向がまたすごいのです。


世界トップクラスの低炭素都市を軸に、エネルギー、医療、

医薬品、IT、農業、製造業など、様々な産業クラスタを構築。


そのために外国企業、特に日本企業のアイデアや技術を必要とし、

鎮江市人民政府外事弁護室局長は、日本企業に


「土地や建物などの期間限定での無償提供」 などを含めた優遇制度を今後整備していく

と言っておりました。