ISHIDA KAZUYASU Official

越境3.0=フラット化する世界

多様性と行動力の時代が到来。今こそ世界に羽ばたこう!「グローバル・多様性・行動力・世界情勢」の講演・研修も大好評。

​ほぼ毎日更新のブログは、メディアに出てこない世界の話題を中心に、僕が実際に見聞経験した一次情報をお届けしています。

石田写真.jpg
 
 
  • kazuyasu ishida

モンゴル最大の日本イベント"JAPANフェスティバルinモンゴリア"へ行こう!



石田和靖オフィシャルブログをご覧のみなさま、こんにちは。


本日、Himalaya音声チャンネルでこんなお話をお届けしました。

Vol.154 東日本大震災のときモンゴル公務員全員の給料が義援金で送られた



モンゴルの超絶親日ぶり

とても残念なことに、それは意外と知られていません。


2011年の3月11日、 東日本大震災が発生しました。

原発と放射能の行方は毎日報道され、日本国内は大混乱に陥り、

余震や津波、今後の生活に不安を抱える毎日。そして世界では


「日本が津波に飲みこまれて沈んだ」

という噂まで広がっていきました。


このニュースを聞いてモンゴルでは、


大好きな日本が沈んで失くなるのはイヤ! 自分たちの国の一部を日本に分けよう!

という話まで真剣に出たそうです。

そしてこの日、なんとモンゴルの国家公務員全員が、

1日分の給与を義援金として日本に寄付してくれていました。


みなさんご存じでしたか?


(モンゴル人の親友たちと)


モンゴルは共産主義から脱却する際に日本が援助を行ったこと、

日本のODAによって、数々のプロジェクトが実現したこともあり、

モンゴル国民の多くが日本への深い恩義を感じている国なのです。