ISHIDA KAZUYASU Official

越境3.0=フラット化する世界

多様性と行動力の時代が到来。今こそ世界に羽ばたこう!「グローバル・多様性・行動力・世界情勢」の講演・研修も大好評。

​ほぼ毎日更新のブログは、メディアに出てこない世界の話題を中心に、僕が実際に見聞経験した一次情報をお届けしています。

石田写真.jpg
 
 
  • kazuyasu ishida

一帯一路の玄関口・中国唯一の物流之都にある東洋最大の大学「臨沂大学」とは



石田和靖オフィシャルブログをご覧のみなさま、こんにちは。


一帯一路(スーパーシルクロード)の玄関口として急成長する、

人口1,100万人を抱える中国有数のメガシティがあります。それが


日本人の知らない山東省臨沂(リンイ)

ここには東洋一の敷地面積を誇る「臨沂大学」があります。

生徒数46,000人、専任教員数2,100人の超マンモス校です。


中国の最先端科学技術を紹介するサイエンスポータルでも

紹介されていて、中でも特に理工系が非常に強い大学です。



僕もここの外国語学部日本語学科で授業をやったことがあります。


「日本人が世界のお話をする」

と言ったら、たくさんの学生さんたちが集まりました(笑)


「臨沂は一帯一路の玄関口になるのだから、今後色んな国から、

たくさんの人々がやってきて、君たちも世界を知る必要がある。」


そんな話をいつもの調子でお話したのですが、

彼らはとても興味を持って、僕の話を真剣に聞いてくれました。



関連記事:

地方の農村が中国10番目の都市に急成長=日本から一番近い国際物流都市「臨沂」

黄海渤海経済圏から2,000本の物流ルート(一帯一路=農村を国際物流都市に変えた戦略)