ISHIDA KAZUYASU Official

越境3.0=フラット化する世界

多様性と行動力の時代が到来。今こそ世界に羽ばたこう!「グローバル・多様性・行動力・世界情勢」の講演・研修も大好評。

​ほぼ毎日更新のブログは、メディアに出てこない世界の話題を中心に、僕が実際に見聞経験した一次情報をお届けしています。

石田写真.jpg
 
 
  • kazuyasu ishida

東京オリンピックは中止か?開催か?新型肺炎の影響拡大



新型コロナウイルスの状況が日々刻々と変化しています。

武漢のP4研究所から流出した可能性が高いと言われている

新型コロナウイルス。


「P4研究所」とはバイオセーフティレベル4で、

安全レベルの極めて高いウイルス研究所という意味です。

フランスの技術供与によって2008年に作られたそうです。


武漢華南海鮮卸売市場とともに新型コロナウイルス肺炎の

感染源として疑われている場所であり様々な疑惑があります。


2017年頃から、イギリスの総合学術雑誌ネイチャー誌での記事で、 P4研究所の管理のずさんさからウイルス漏洩の可能性が指摘され、


近い将来とんでもないことが起こる可能性がある

などという記事が書かれていました。


この武漢P4研究所発の新型コロナウイルスの影響は想定外の事態で

日本・韓国など近隣国からさらに世界に拡大を続けており、

近年稀に見る世界的な危機へと差し掛かる瀬戸際となっています。




新型コロナウイルスによる肺炎(COVID-19)の危険性評価で

世界全体を「高い」から、最高の「非常に高い」に引き上げました。


感染者の広がりが中国以外の世界全体に及んでいる状況を重視したかたちです。


一方で、パンデミック(世界的な大流行)の宣言ではないと強調。

発症した場合の重篤度の評価も変更せず、ウイルスの感染拡大を

抑えることは可能だとして、各国に対策を急ぐよう求めました。


WHOのテドロス事務局長は、

この数日でイタリアやイランから各国に広がり、

新たに感染者が見つかった国が増加している状況を憂慮して

引き上げに踏み切ったとのことです。